夏のダイエットに成功しなかった人は冬のダイエットをすると良い

 

夏にダイエットをしていた人は結構多かったと思いますが、実際にダイエットに成功した!と言う人は少ないですよね。

と言うのも、夏は気温と体温の差があまり無いので、食べたエネルギーが完全に燃焼されにくいそうです。

それに、汗をかき過ぎるとバテて疲労しやすくなるので、スタミナ食をよく食べていたと言う人は、特に身体に脂肪が付き過ぎている可能性があるのかも。

夏だから汗をかいて痩せそうなイメージがありますが、実際は特に体温維持のためにセッセとエネルギーの燃焼もしなくて良いので、食べたら食べた分だけ身体に蓄積すると思った方が良さそうです。

そうして夏のダイエットに失敗したと言う人は、出来れば冬のうちにダイエットをしてみて欲しいなって思います。

冬は寒いので、寒さに耐えているだけでもかなりのカロリーを消費する事が出来ます。いざ!ダイエット!と意気込まなくても普通の食事でも痩せる事が出来るのです。

寒さが厳しい地域で有名な北海道では、1日の摂取カロリーが2000kcal以上じゃないとかえって死ぬ可能性すらあると言うので驚きですよね。

特に凄く寒い地域に住んでいないけど、冬に体重を減らす事に成功している人は多いので、冬場はダイエットに向いている季節だと言えるのかもしれません。

北海道の様に寒さに耐えるだけで痩せたい人は、冬の間に自分の部屋の暖房をつけないで過ごすと痩せやすいそう。わたしも挑戦してみようかな。

冬が厳しい地域は、午前中いっぱい気温がマイナス

東京など関東近郊や関西以西にお住まいの人は震え上がるかも知れませんが、冬が厳しい地域は朝の最低気温が普通に冷凍庫レベルになります。

最低気温が-6℃以下になるともう、日中の最高気温に到達するまでにかなりの時間を要します。

日中の最高気温が例えば7℃だった場合は、午前中はまるっと氷点下の気温をキープしてしまいます。

なので、もし天気が良くて布団を干したくなるような日差しが降り注いでいても、気温が4℃以上になるまでは布団は干さないようにしています。

と言うのも、気温が4℃未満で干すと、布団を冷やしているのか干しているのか分からない感覚になると言うか、干された布団の仕上がり具合が冷蔵庫に入れっぱなしにしたような状態になるので、なかなか難しいんですよね。

それに、洗濯物の干す時間帯ですが、晴れている時は午後になってから干さないと確実に凍りますし、夕方に陽が完全に落ちてから取り込むと凍ってしまうので、陽射しが届いている時間帯のうちに取り込まないといけません。

すると、洗濯物を干していられる時間はかなり限られてしまうので、結局部屋干しになってしまいます。

と言う感じで、冬が厳しい地域では午前中いっぱいは寒すぎてあまり有効活用出来ないので、毎日悩ましく過ごしています。

う~ん、主婦はつらい・・・。